ストレス性の耳鳴り

50代の女性が両耳の耳鳴りで来院しました。
その他にも、すぐに風邪を引く、動悸、生理不順などたくさんの症状を抱えていました。

いくつかの病院に行っても、異常無しと言われ、「年だからしょうがない」という言葉に憤慨していました。
両耳をふさいで、「鈴虫が100匹鳴いている」と訴えます。
頭蓋骨をチェックすると、全く動いていません。
内臓をチェックすると、肝臓が動いていません。
心理的なストレスを尋ねると、職場で上司からパワハラを受けている話がとめどなく出てきました。
その話をしていると肝臓の動きが、回復してきました。
怒りを表現することで、肝臓に溜っていた怒りのエネルギーが解放されていくのを感じました。
時々、肝臓の動きが突然止まる瞬間があると、「何が起きました?」と質問します。
そうすると、言い淀んでいることがわかります。
「どうぞ何でも好きなように言って下さい」と促すと「汚い言葉なんですけど、ふざけんじゃね~!!」と言葉にした瞬間、肝臓が再び動き始めます。
そして肝臓がきれいに動き始めたので、全体を再チェックすると喉のチャクラが詰まっている事に気がつきました。
座ってもらって、今の感じを聞くと「喉の奥が乾いている感じがします」と言われたので、「その感覚から出てくるイメージや音、言葉はなんですか?」と質問しました。
「上司の恐ろしい顔が浮かんできます。」
そこでNLPのワークを使って、上司の恐ろしい顔を遠ざけました。
「今は?」と聞くと喉はすっきりしました。
「上司の顔を思い出すとどうなりますか」と尋ねると患者さんの左側を手で示して、上司がいつもこっちに座っていると言います
そこで別のNLPのテクニックを使いました。
右を向いたときにハッピーな気分を、息を吸って体験し、左に顔を向けながら息を吐いて上司が遠くへ飛んでいくのを繰り返しました
もう一度全身をチェックして、頭蓋骨はきれいに動いていました。耳鳴りがどうなったかを尋ねました
左の耳の耳鳴りはほとんど無くなり、右の耳の耳鳴りは音源の位置が耳ではなく、右の後頭部から聞こえるという変化が起こりました。
ここで、「年のせいじゃないことが証明されましたね、変化する可能性は十分にあります」とある種の信念の解体が起こりました。

ストレスによって、自律神経(動悸)と免疫(すぐに風邪を引く)とホルモンバランス(生理不順)は三位一体のバランスの悪さで起こっています。