ストレス性メニエル病

ストレスがかかっている時、そしてそのストレスの原因となる出来事が軽減する時のどちらもなり得る病気です。
めまい、耳なり、難聴を特徴としています。
その中でも、耳閉感(水中で音を聞いているような感じ)を伴う低音域の難聴は、内耳のリンパの流れが阻害されて起こります。
耳鼻科で、異常無しと言われても症状がある場合、頭蓋骨をチェックすると症状側に問題を見つけることがあります。

その症状は、側頭骨の外旋病変(耳の付け根の骨が外側に張り出している状態)がみられます。

その結果リンパ液が内耳に余分に入り過ぎて、腫れていきます。

側頭骨の外旋病変が身体状態由来なら、身体を治療すると自然に外旋病変が改善されます。

心理的ストレスに由来すると、頭蓋治療で、その場は改善されますが、すぐに症状がぶり返します。

ストレスの軽減を目的とした心理的アプローチと頭蓋骨の治療が必要です